純生CHRONICLE2

ずっと構想段階のまま仮運用されていくwリネ2クラシック寄りブログ

スポ娘のエヌコ(つづき)


エヌコ「さーて、ひさしぶりのスポイルだなぁ」


シープ「当たるも八卦、当たらぬも八卦。スポイルとは根性ではなく根気、と聞いております」


N「ふーん。 あ、あいつね、インプトゥレン! よーし」


シ「ファイトでございます、お嬢様」







N「はあはあ。さすがグレイブ、強いな。 けど光らなかったね・・・」


シ「根気でございますよ、お嬢様」


N「ん!それじゃ、どんどんいこうか」







N「ほい!」




N「ほりゃ!」




N「どわいえー!」




N「どりゃ!」




N「やあ!」




N「あたたた!」




N「たまには光れ!」




N「れれれ、光らない!」




N「いよ、もういっちょ!  あ? あれ?」





シ「MP休憩でございますね、お嬢様」


N「ううう、かたじけない。ちょっと座らせて・・・
それにしても光らない。たまに光ってもスウェード。ううう・・・」


シ「確かに光りませんね。それにしてもあのドレイン、なかなか強烈ですね」


N「うん、柵の向こうからも撃ってくるのがズルいよね」


シ「はい。わたしも気が抜けません。ところで、お嬢様」


N「ん? なにー?」


シ「途中から、一人しりとりをしてらっしゃいましたよね、ふふふ」


N「だーーーー!! よく気づいたな!!  ・・・だって単調なんだもん」


シ「意外とかわいいところがあるのですね、お嬢様」


N「な、なによ! 生粋の女の子なの、私はっ!
さ!MPも戻ったし、どんどん行くよ!!!」






N「えーい、光れ、光れ! 光ったら腹を割く!!」


シ「具体的行動を詳細解説してはいけません、お嬢様」


N「どんどん行くよーーーっ!! 前方の3匹沸き! まとめて蹂躙!
どりゃーーーーー!!!!」




シ「ヒール! バトルヒール! むう、さすがにこれは… 厳しいで…ございますね…」


N「うりゃりゃりゃりゃりゃー!!」


シ「ああ、お嬢様!! 後方からも2体!! 急沸きでございま・・ぐはぁ!!」


N「ん、え? ああ! しまった!!」


シ「うわああああ・・!!」


N「シープ!!」




N「ああああ」


シ「もうしわけ…ございません… 背後に気づくのが…遅れ… ました」


N「シープ! ごめん! ごめんよ!」


シ「いえ、私の不徳… すぐに最寄って、もどって参ります…」


N「待って!! 祝復活スクロ――――ル!!





(ぱやーーーーー)





 
シ「なんてことを… 
わたくしめのためなんかに祝復活など! もったいなきことを…」


N「私のミス!! 私のミスなの!!! 私が調子に乗ったばかりに全く目に入ってなかったの!
大事な相方・・ いや、召使いを私のミスなんかで!!
ああああああああ!!!」



シ「お嬢様・・・」





N「…シープ、本当にゴメン! 気をつけるから。あなたを護るのも私の仕事だから…。
だからお願い、もうちょっとだけつきあって・・・」


シ「お、お嬢様。頭を上げてください! わたしはあなたについていくだけです」


N「えへへ、ごめんね。じゃ、続けよっか」


シ「その前にバフの入れ直しを。マイシーWWしかありませんが。あいすいません」


N「うん、十分だよ。 …でも、お互い強くなりたいね」


シ「はい」







・・・





・・









N「ん!光った!  スウィーパー!」


シ「む、この感覚は・・・ ああ」




N「きたあああああああああああぁぁぁ!!!」


シ「やりましたね、お嬢様」


N「ああ!やっと終わったよ。長い戦いだった!!」


シ「それでも、たった66回。短い方かと思いますよ、お嬢様」


N「えー、数えてたの!?」


シ「・・・単調でございましたから。ふふふ」


N「アハハ!そうだね! さーて、それじゃ、帰りましょうか!」



シ「・・・お嬢様」


N「ん?」


シ「お願いがございます」




シ「わたくし、ぱわーあっぷしとうございます」


N「えー」


シ「あと、2~3%ばかりでレベルアップ。お付き合い頂けないでしょうか」


N「うー、はやく帰ってわさビーフ食べたいんだけどな。ま、私のせいで死なせちゃったしね。うん、いいよ」


シ「ありがとうございます。では、早速、槍師らしきところを・・・」


N「え?」









シ「そうです、こういう槍師らしい狩りを」


N「ぬああああ!!槍あたらへーーーん!! シープ!ヒール厚めに!!
うぎゃああああああ!!当たってる、何か良からぬものが当たってるぅ!!!」


シ「はい、頑張ってくださいまし、お嬢様」


N「仕返しか! さっきの仕返しなんだな、これは!!」


シ「はて、なんのことでございましょう。 ヒール!」




・・・




・・







N「ぜぇぜぇ、ふんどしオヤジばかり5~6体… HPとメンタルに同時に来た…」


シ「お見事でございました、お嬢様」


N「えぐい仕返しだな… ぜぇぜぇ」


シ「ところでお嬢様、ポールアームマスタリは取っておられますよね?」


N「え? あ? ああ!! 取ってなかった・・・・」


シ「では、当たりませんね。ふふふ」


N「シープ! さては気づいてたな!!」


シ「はて、なんのことでございましょう」




・・・



・・



N「おほ!」


シ「ああ! なんとありがたき! レベル25到達でございます!」


N「やったね!これでだいぶスキルも揃ってくるね!」


シ「はい、ありがとうございます。それにお嬢様とも1レベ差に。嬉しゅうございます」




N「よーーーし! それじゃ、今度こそ帰ろっか!!」


シ「・・・お嬢様」


N「なに!? まだなんかあんの??」



シ「あ・・の・・・・大変、お恥ずかしいことでございますが。
ええと・・・ 勝利の決めポーズをさせていただけませんでしょうか?



N「決めポーズですと!? なんとベタなことを!」


シ「実はあこがれでございまして・・・(ポッ)


N「アハハ!いいね、やっとこうよ! あの丘あたり、明け方のいい月が見えてるしさ」


シ「あ、ありがとうございます、お嬢様」







N「じゃ、いくよ! せーーのっ!!」






【おわり】














リネージュ2 ショートストーリー「スポ娘のエヌコ」
 原案・取材・スポ・撮影・執筆:純生
 2018 (c)Jun-nama All rights reserved.



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。