純生CHRONICLE2

ずっと構想段階のまま仮運用されていくwリネ2クラシック寄りブログ

北方探検記extra

先日書いた北方探検記3の最後、ルウンに再訪した途端に飛び込んできた予想もしなかった光景とは!? の続き。








どうやら、10/23(火)夜、ここで露店をしていた人がいたようですwww

何かのイベントだったのでしょうか? あるいはワタシを狙い撃ちにしたのでしょうかw
ちょうどワタシが着いたときは中の方はご不在だったのようで、反応ありませんでした。


画像では分かりづらいですが、店の前には各種N武器が刺してありww、その中には我が至宝のバッファローホーンがあったりもしました。
思わず抜きに行きたくなりましたがww、そこはグッとこらえまして(^▽^;)


ただ、この夜は眠気が超超超大盛だったため、余計な詮索をせず、寝てしまいましたw
ゴメンよ(^^;




さて、話は10/26(金)。
ワタシがINするとわざわざwisをくれる、かわいいリトアちゃんとの会話。

3次の皆さんが布染めして心待ちにしていたリアルバイウム討伐が賑々しく行われているウラで、ワタシはまたルウンの取材に行っておりました。




ルウンにINしてみると・・・
ルウン村中、そしてルウン港に至る道中に、帰還スク等がバラ撒かれていましたw

これは火曜日にここで露店を出していた人の所業でしょう!




ならば、ワタシはこう応えよう!

いくつかの物資はありがたく頂戴しました。(全部拾うような野暮なことはしません)
そして、感謝の意は39アデナで演出。
この意図に気づいていただけたでしょうか、紫のバラの人w


なお、これを書いている10/28(日)時点で、ワタシが拾わなかった物資および39アデナはまだルウン村に安置されておりました。回収に向かわれる方、どうぞww






さて、ルウンを再訪している目的はただ一つ。
あの方に要望されている「修道院への道案内」ができるように、ちゃんと取材してくること。ただでさえ複雑怪奇な道なのに、マップが未実装なので、難易度は高いです^^


ということで仔細は省略しますが、2時間弱の格闘wの末、何とか「再現可能なルート」を身体に叩き込むことに成功しました。(何やってんだワタシwww)



これが最短である保証はできませんが、ルウンから修道院への所要時間は・・・

10分39秒ほどと判明しました。(クレリック、ひよこセット+WW2の速度で)
(yahoo知恵袋 Q:この画像は記事に必要でしょうか? A:はい、もちろん)





せっかくなので、この場所にも行ってきましたよ。

シンデレラごっこがしたいとか、いろいろ皆さん妄想を膨らます場所のようですが、ワタシは唐突にドラマの撮影がしたいとか思ってしまってwしばし頭の中で草案をふくらませておりましたが、すぐに我に返りましたwww


(ここを結婚式場という設定にして、翌日に式を控えた男女が会話している。そこへ元カレが手前からフレームインしてきて一悶着起こる。しばし後、最奥に潜んでいた元カレの現彼女が「全てを聞かせてもらったわ・・」といいながら歩いてくる。場が凍り付き、そして激しいPvPへ。 生き残ったのは・・・ みたいなやつ。
ボツww



なお、ゴダ側の入口から出て、こちら側がどのように封鎖されているのかも見てきましたが、やはり岩で塞いでありました。


以上、北方探検記 
おとなしく、ルウン実装を待とう!ww


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。