純生CHRONICLE2

ずっと構想段階のまま仮運用されていくwリネ2クラシック寄りブログ

胞子に手。

胞子の海でご奉仕しておりましたら、思いのほか近くにオル姉さんが居たことに気づき、慌てて駆け上がってきたところ・・・



入口の建物?の屋上の一つはこんな形状をしていた、ということを初めて知りました(^^;
ちょっと調べた感じでは、この手の像が結界を張り巡らして、胞子の拡散を防いでいるんだとかなんとか。
普段、腐食樹とか腐海のゴーレムにしか興味が示してなかったんで気が付かなかったよw


さてそれはさておき、これを見て「20世紀少年のともだち」的なものを思い浮かべた方はまだ若いです。Too youngですww




ある一定の世代以上の方は、こちらを思い浮かべるらしいです。




ある一定の世代の方は手のひらに目玉を描き、指先にとんがりコーンをはめて、
「ガーブリーーン!!」
って遊びをやったことがあるはず、らしいです。
(ピンとこない人はおとうさん、もしくはおじいちゃんに聞いてみよう!w)






追伸:
この手の件、どこかで見たようなと思ったら、こちらのお姉様がすでに書いてました。さすがですわ^^



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。