純生CHRONICLE2

ずっと構想段階のまま仮運用されていくwリネ2クラシック寄りブログ

連休風景いろいろ

一本の記事にするにはちょいとエピソードが足りない画像たちを、ごった煮でいきまっしょい。



1)アデンから鏡の森まで走ろうと思っていて、ちょっと目を離したら木の中に突っ込んで方向が分からなくなり、もがいて飛び出したその先に突然こんな方が現れてビックリした。なんかミシミシいってた(^^;)



2)例のクエ消化のため、主に朝の時間帯に話せる島に出没するらしい純生さん。
ウェアウルフはいちいち倒さず、引きずったままイノシシを狩ります。

50イノシシを狩ったところで、ウェアウルフたちにはソニックストーム(グラ範囲スキル)をぶっ放して殲滅し、意気揚々と村まで走って帰りますw
(スクが使えない、ビンボウ症w)


珍しくリプレイ撮影してたようなので追加。




3)鏡の森で狩っていて、所用で猟師の村に帰還したい、って状況になったものの、帰還ポイントまで走るとなるとウインドウォークがギリギリだな!、急がなきゃ!と、物欲センサーが完全にゼロ化した状況下。そういう瞬間には、やはりくるのですね!! 



4)今日は何かあるのかもしれないと思い、その直後、今度は下心ありありでスポを試行していたところ、長らくのお求め品(バフ用に祝じゃないのが欲しかったの❤)があっさりと来ました! もう何を信じればいいのか分からんww



5) 土曜の40後半レイド。
純生さんちのスミス、ユズさんちのバフさん、ケイントさんちのシンガーさん、トーゴさんちのシリさん、と知り合いのサブキャラ大集合PTで大盛り上がりでした!w

        ↑盾さん石化のアクシデントあり。どんまいw




6)日曜AMの55-60レイド
追尾プロフもLv52になってヘイスト2を確保したので、満を持してレイドデビュー。
ただ、ドゥームクライヤーを連れてきた方がいらっしゃったので¥はほぼおまかせで、せいぜいボディ・ソウル・BS・HWぐらいと、外部がいないPTにヘイストを配るぐらいしかやることがなく、あとはひたすらWSを撃ちつつ、ときどきヒール入れるだけ、というしょっぱいデビュー戦でした。
全体的に操作がおぼついていないので、実地での経験を積まないと…というところ。

このレイドでLv53後半に。
午後にも同じようなLv帯のレイドがあったが所用のため参加できず。
代わりに純生とペアでFVでみっちり1時間ほど狩ってきましたが、魔法書等はやはり期待してしまうと出ないようです。センサー制御って難しいですね!w


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。