純生CHRONICLE2

ずっと構想段階のまま仮運用されていくwリネ2クラシック寄りブログ

温泉が好き

今日はいろんなところで狩りもしたし、レイドにも行ったが、その大方の予想を全く覆した記事を書くw



ワタシは温泉が好きだ!
特にこの時期の温泉は実にいい。特にいい。



夏には夏なりの、温泉の良さがあるが、やはり温泉は寒い時期がいい。
とはいえ雪中行軍訓練かと見まがう、雪の激しい季節はダメだ。


まず内湯でしっかりと温まり、キンと冷えた露天へ向かう。
そして冷たい空気を体内に取り込みながら、長くゆったりと露天風呂に浸かるのだ。


仕事のこと、人間関係のことなど、まずはじっくりと考える。
心がざわついてきたらすっぱりとやめて、瞑想に切り替える。
腹式呼吸をしている自分を俯瞰から眺め続け、それだけに集中し続けると、いつしか瞑想の状態に入る。
のぼせる寸前までその状態を保ったら風呂から上がり、冷たい空気の中で水気を払い、深い呼吸を繰り返して体内を冷やしつつ、その場を去る。


瞑想を交えたことで心が穏やかになり、集中力が増す。
そうしてまた、明日に向かっていく。



♨  ♨  ♨



ウチから数分の地点に立ち寄り湯があるし、30分もクルマを走らせれば湯は選び放題、という幸せな境遇にある。


先ほどまで、また湯に浸かって心を鎮めてきた。
到着時気温9℃、帰りには6℃になっていた。


一時間半ほど経ったが、まだ心と身体が温かい。






【おまけ】ワタシなりの瞑想手順
瞑想はその気になれば信号待ちの間にも出来るが、当面は自分の部屋でトレーニングしてみるといい。集中する対象は本来は何でもいいし、仕事そのものでもいいのだが、まずは誰もが繰り返し行っている「呼吸」を対象にしてみるのが手っ取り早い。


1) 椅子に座り、両足はしっかり地につける。背筋を伸ばし。よい姿勢を取る。
2) 目を閉じ、腹式呼吸を行う。すなわち息を吸ったときにお腹がふくらむようにする。
お腹をふくらませることを意識しながら鼻から3秒吸って、口からゆっくり7秒かけて吐き出し、お腹をへこませることを意識する。
3) まずはそのリズムを5回、深めに行う
4) 5回済んだら、若干リズムは浅めにしてもよい。自分の一定のペースをつかむこと。
5) その呼吸に意識を集中させる。
6) しばらくすると雑念が沸き、注意がそがれる。ここで注意が逸れたことを否定したり、あせったり、判断を入れたりしないで、「あ、注意がそれたかも」とだけ気づき、そっと呼吸に意識を戻していく。5)と6)を繰り返していく。


5)~6)を繰り返している間、日常のことや嫌な事は姿を消し、心は平坦になっていく。
これはひとつの知恵であると知っておくと、どこかで役立つだろう。



なお、純生の中の人は一般の会社員です。
この手の専門職ではありませんww



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。